あじき路地について
photoあじき路地は、大正時代に建てられた築100年ほどの町家長屋です。そこには、おだやかで凛とした空気が流れています。

長年空家だった長屋を大家さんが「ものづくりなどを頑張っている若者に使ってほしい」と、2004年春に入居者を募集しました。書類選考ののち、「お見合い」という形で直接お会いしてお話し、約100件の応募の中から6件の入居者が決まりました。

当初は、ほとんどの屋根瓦がずれ落ち畳や壁はボロボロ、ガラスは割れており、とても住めるような長屋ではありませんでした。そして大家さんの協力のもと、入居者の皆で手を入れて大改装したのち、入居。大家さんを「お母さん」と慕って、みなが家族のように暮らす、職人の住まう町家長屋になりました。

あじき路地の続きを知る
あじき路地ニュース

2014.08.21
南1にてTAPuショップが8月30日(土)にオープンします。
2014.08.14
あじき路地からのお願い
2014.08.12
BSプレミアム「“レアモノ”嵐電で嵐山まで」再放送のおしらせ
2014.08.10
タカトモハンコお盆期間中営業日について
Maison de Kuuu お盆期間中の営業のついて

メディア・掲載誌情報

2014.06.30
KBS京都「京biz」にあじき路地が紹介されました
「おーくぼんぼん」にあじき路地が紹介されました
2014.04.20
平凡社 「京都男子」に掲載されました
2014.03.11
「関口宏の風に吹かれて」にあじき路地が放送されます
2014.03.08
「京都ぴあ2014‐2015」にあじき路地が掲載されました
各店舗紹介

北1:Maison de Kuuu

北2:月あかり

北3:タカトモハンコ

北4:evo-see

北6:プセット

北7:北七軒目

北8:あなたのすみれsmile

南1:日曜日のパン屋さん

南1:織家まりきこ

南1:高蔵染

南1:m_leco

南1:TAPu

南2:blow in house

南:だるま商店 ※訪問不可